時給を下げてほしいと直談判

ENTRY
時給を下げてほしいと直談判

時給制のデメリット、解雇の場合

時給を下げてほしいと直談判
時給制の従業員は更新が短いため解雇の対象になってしまいやすいと言うデメリットがあります。会社が利益を取る事ができなくなってしまった場合には従業員を減らさなくてはならないと言う事になりますが、その際にすぐに解雇になってしまう場合があります。能力の高い方は残ってほしいと言われる事が多いですが、ほとんどの場合は解雇されてしまう可能性があります。当然ですが解雇をされたくないと言う方が多く残るためにはどのような行動を取れば良いのでしょうか。

残るためには必要な従業員になれば良いです。難しい資格を取得していると言う事も1つの要素になります。資格は誰でも取得する事が出来るわけではありません。一生懸命努力して取得する事が出来るので、しっかりと取得をした方は会社から必要とされる事になります。また自分のためにもなるので一度取得する事によって様々な企業に来てほしいとスカウトされる場合も出てきます。自分の価値を高める事が出来る方法になります。また解雇をされる事を免れるだけではなく、良い待遇で働く事が出来るようにもなるので、ただ時給で仕事をするのではなく、資格を取りながら仕事をしていくと言う意識をしっかりと持つようにしましょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2018時給を下げてほしいと直談判.All rights reserved.