時給を下げてほしいと直談判

ENTRY
時給を下げてほしいと直談判

時給で働くと給料が安定しない

時給を下げてほしいと直談判
時給で働く際には大きなデメリットがあります。時給は働いた分しか給料を貰う事ができないのですが、仕事が暇な時期はシフトに休みを増やされてしまう事があります。正社員などで働いていると月給制になるので、休みが増えてもあまり給料に大きな影響を与える事はありませんが、時給の場合であれば働く日数を減らされてしまう事によって生活にも大きな問題を与えてしまう事があります。仕事がない時に休みにされてしまうと言う事をしっかりと覚えておきましょう。また土日祝日が休みの企業で働いている場合には連休が続いてしまう事によってその月の給料が大きく減少してしまうと言う場合があります。このような場合のために用意をしなくてはなりません。

用意と言っても貯金をしておくだけになりますが、この準備をしておかなければ給料が安い月に支払いなどをする事ができないと言う事も出てきてしまいます。支払いをする事ができないと言うのは生活する上で大きな問題になってきてしまいます。毎月同じくらいの収入がほしいと考えている方は祝日が多い月には平日の休みを減らして貰う事はできないのかと交渉を行ってみると良いでしょう。このような交渉をして出勤の日数を増やす事によって祝日が多くても同じくらいの給料を貰う事が出来るようになります。自分の休みは減ってしまいますが、給料が減るよりは良いと考える方が多いです。このような給料が安定しないのが時給のデメリットです。

Copyright (C)2018時給を下げてほしいと直談判.All rights reserved.